誹謗中傷への対策として有効な方法とは

最近は大人だけでなく子供もスマートフォンを持つようになっており、無料で使えるソーシャルネットワーキングサービスは誰でも利用する時代です。純粋にコミュニケーションを楽しむためのツールとしては最適ですが、ちょっとしたことで誹謗中傷を浴びてしまうことがあるので注意が必要です。子供なら学校でのトラブルが誹謗中傷に繋がってしまうケースがありますし、大人は会社や恋愛関係で大きなトラブルに発展することがあります。発信している人物が特定できれば対処のしようがありますが、特定できない場合は中傷を止めさせることもできません。しかし黙って過ごすわけにもいきませんから、何らかの対策を講じた方がいいでしょう。とは言え自分一人ではどのように対処していいか分かりませんから、法律の専門家である弁護士に相談してみましょう。法的に有効な手段をとることができます。

インターネット上で誹謗中傷されたら

インターネットは身近なものになり、国民のほとんどが利用していると言っても過言ではないでしょう。インターネットは匿名で、顔も見えず、その気軽さから他人を傷つけるような書き込みをする人が増えてきています。もしインターネット上で誹謗中傷をされたら、誰もがショックを受け怒りがこみ上げてくるでしょう。しかし、感情的にならずに対策を考えることが大切です。書き込みを削除してほしい時は、サイトの管理者に連絡を取り、削除要請を出しましょう。管理者が不在の場合はプロバイダに交渉をします。また、インターネット上で実名を出して誹謗中傷され、それにより社会的信用を失ったり損害を受けた場合には、名誉毀損が成立します。名誉毀損に当たると思われる時には、その箇所をプリントアウトして警察署に相談に行きましょう。早めの相談と対処が大切です。

利用者間の誹謗中傷行為の対策

インターネット上では、お互いの顔を知られることなくコミュニケーションをとれるので、場合によっては度が過ぎた行動に出てしまう方も時にはいます。誹謗中傷は見ていて当然良い気分にはなりません。そうなってしまう前にきちんと対策しておけば、可能性は0とは言えませんが明らかに減少します。また、もし起こってしまったとしても早いうちから手を打っておけば悪化せずに穏便に済ませられます。何もないのが一番ですが、インターネットを利用している人口は年々増え続けていますから防止しきれないのが現状です。ブログのコメント欄、掲示板などのレンタルサービスなど、色々なところでの対策が求められますが、誹謗中傷があまりにも悪質な場合は最終的にはプロバイダー側へ通報するという手段もあります。多少手間はかかってしまいますが、そこまで検討しなければならないケースはレアですので、必要性を感じたら早めに対処するのが最善です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です