誹謗中傷の実態と対策

近年は掲示板やSNSなどメディア上での誹謗中傷が社会問題にまでなっています。その対象は有名人に限らず、普通の一般市民や企業でも風評被害をこうむることが珍しくありません。こういった背景もあり、対策を行ってくれる業者もそのニーズを増やしています。誹謗中傷は、事実無根の悪評で嫌がらせを行い、対象に被害を与えるものであり立派な犯罪です。法律的には真実があるかどうかが争点になりますが、その風評だけでも販売や人事に大きく影響する企業からすれば事実無根でもダメージになるでしょう。仮に個人または企業が中傷された場合、対策としては専門の業者に依頼する方法がありますが、業者によって得意とする対策が違ってくるので、依頼する前にどんな方法で対策を取って欲しいのかを決めておく必要があります。情報の削除を求めるのか、別の情報で埋めるのか、個人なのか法人なのか、などです。誹謗中傷に対応する為には、まずはどうしたいのか、何が出来るのかを知識として知っておく事も必要です。

誹謗中傷は避けてやわらかな表現に

インターネットサイトに、特に口コミなど自分の感じたことを書いて良い場面では、気に入らなかったものやいやだったことは赤裸々に書かれた方が、その商品やサービスの利用購入を考えられている方には役に立つこともあるでしょう。しかし、素直に書くのは大いに結構ですが、特定の人、商品、企業などあらゆるものに対して、誹謗中傷はやめましょう。誹謗中傷は、名誉棄損などの罪になることもあります。その物や人が気に入らなかった場合、理由を明確に書くとともに、「わたしには合いませんでした」「わたしはもう行きたくありません」など、あくまで自分は好きではないという表現にとどめ、やんわりとした表現にしておくことを心がけておきましょう。タレントや、ましてや一般の方に対しての誹謗中傷を書かれている方もみうけますが、もってのほかです。その方のモラルの方が問われますね。

ネットの普及でトラブル急増の誹謗中傷

通称「学校裏サイト」などといわれるインターネットサイトや、今ではSNSのグループなどにいたるまで、インターネットやスマートフォンなどの普及、利用者の低年齢化などにより、幼い小学生などの子どもまでもが、誹謗中傷のターゲットになってしまったりトラブルに見舞われてしまうことも増えてきました。誹謗中傷という行為に罪の意識がない(罪の意識を感じることもできないくらい)幼い子どもたちもが巻き込まれ、さらに閲覧できるメンバーの限定されたグループ会話などでは、先生や行政も太刀打ちできないことも多いでしょう。我が子をこのようなトラブルの被害者にしたくないと、親ならだれもが感じるでしょう。しかし、被害者だけでなく、我が子をこのようなトラブルの加害者にしないためにも、日頃から家族間でのコミュニケーションをしっかりととり、インターネットの利用についても親子でしっかり話し合いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です