誹謗中傷は初期対応が鍵になる

有名になれば、それだけ誹謗中傷される確率も高まります。芸能人にもなれば、ほとんど毎日何かしらの誹謗中傷は受ける物です。それは個人からの攻撃もありますが、雑誌社などが事実無根の文章を掲載することもよくある話です。こうした問題を解決しようとするのであれば、専門の誹謗対策業者に連絡をしてみるといいでしょう。こうした業者はノウハウを蓄積しているので、被害がないということで動いてくれない警察よりも頼りになります。誹謗中傷事件に詳しい弁護士さんが在籍しているので、法的な観点からのアドバイスももらえます。訴訟の手続きから、実際に係争になった場合の代理まで行なってくれるのでお金を払う価値があります。誹謗や中傷は、放っておくこともできますが、放っておくとどんどんと内容がエスカレートしていきます。最終的には現実の世界で被害を受けかねないので、初期対応が鍵になるでしょう。

誹謗中傷の1番目の対策はコメントに手を出すな

インターネットのメリットは世界中の様々な情報をリアルタイムに知ることができること、他の情報手段では実現できないような内容までもを知ることができるなどです。しかし一方でデメリットもありまして、そのうちの1つが誹謗中傷となっています。これはインターネット上のコメントや発言は自分の顔写真を掲載しなくてもいいし、実名を名乗らなくてもいいために匿名性が高く、それのために生じやすい結果だともいえます。しかしこの誹謗中傷を受けた側としては心理的に耐えがたく、なかにはそれを苦にして自ら命を絶ったりする者まで出現しています。また他方で相手不明のまま訴訟を起こすような人もいます。さてその問題の誹謗中傷対策は様々ありますが、今のところ行政は法改正など含めてその介入に消極的でありますので自分で守るしかありません。その対策は難しく様々複数ありますが、可能な対策の1つはインターネット上にあふれる様々なサイトに対してコメントに手を出すなということです。例えば某検索サイトのニュースに対してのコメント、某巨大掲示板サイトをはじめとして、あらゆるサイトを閲覧する際は一切コメントを出すなということです。それによってそれに起因する被害は免れることができるようになります。

誹謗中傷を言いやすい環境

現在ではインターネットが普及しすぎるあまり、誰しもが匿名で誹謗中傷を言いやすい時代になっているのではないでしょうか。対面して面と向かって中傷するわけでもなく、自分の身分を明かさずに色々な書き込みが出来てしまうため、何を言っても自分だとはバレないだろうという心理が働き、つい過剰な言い方をする書き込みをする人も出てきます。確かにその誹謗中傷を気にしないような人ならいいですが、あまりにも恐ろしい書き込みがあれば恐怖のあまりに警察に被害届が出され、捜査されるような事態にもなり兼ねません。インターネット上とはいえ、恐喝罪などの犯罪となる場合もあるため、バレないだろうと安易に考えて発言するのではなく、きちんとマナーを守り、インターネットがより良いコミュニケーションツールとなるように、一人一人が気をつけるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*